ホーム>当店での組み立て方法

当店での組み立て方法

一般的に自転車はメーカーで70%組立てられ、後の30%は販売店で組立て。

メーカーでは流れ作業の組立ての為、車輪の上下左右の狂い、ワイヤーなどの不揃い等、正確に  組立てられていない場合が多いのです。

当店では、具合良く、安全、快適にお使い頂ける様、手間も暇もたっぷりかけて性能を100%発揮できるよう1台1台丁寧に組み立てをしています。

1.ホイール

ホイール

工場で組み付けてきたタイヤ・チューブを外して、スポークをシゴいて、馴染みを出してから振れ取りをします。

2.リムバンド(リムフラップテープ)

リムバンド(リムフラップテープ)

バリが綺麗に取れていない場合は、鑢できれいにしリムバンドを張りなおします。

3.グリスアップ

グリスアップ

グリスムラがあったり、塗られていない場合があります。

当店で確認後、細部にわたり塗りなおしをします。

 4.ブレーキ、シフトレバーの角度調整、固定ネジの締め直し

グリスアップ

各箇所にあるネジや角度は、間違った角度や緩いままだと故障の原因にもなりかねません。

当店でチェック後、最適な角度、強度に変更します。

 

ページ上部へ